ケフィアで腸内環境を整えるメリット

ケフィアは、ロシアのコーカサス地方で、2000年以上も昔から伝統的に食されてきた発酵乳です。同じく発酵乳の一つであるブルガリア地方のヨーグルトが先に有名になりましたので、ヨーグルトが発酵乳の代名詞のようになりましたが、世界には発酵乳を生活に取り入れている地域が数多くあります。

 

ケフィアの生まれ故郷コーカサス地方は、世界三大長寿地域の一つであり、その健康効果と美味しさに注目が集まって、日本でも紹介されるようになりました。

 

ケフィアの特徴は、複数の乳酸菌と酵母菌が複合発酵して出来るという点です。人間の腸内には、健康を守る善玉菌、健康被害をもたらす悪玉菌、働きがまだ分かっていない細菌など、100種類以上の腸内細菌が存在しています。悪玉菌が増えると腸内環境が乱れて、便秘や下痢を引き起こします。ケフィアの乳酸菌は腸まで届くので、善玉菌をサポートして、腸内環境を整えることができます。

 

腸は、最大の免疫センターとも言われており、腸が健康ならば免疫システムが正常に働き、腸が不健康になると細菌やウイルスに感染したり病気を発症したりしやすくなる傾向があります。このため、習慣的にケフィアを摂取して便秘や下痢を防ぎ、理想の腸内環境を保てば、体全体の健康も保つことができます。

 

ケフィアは、酵母菌との複合発酵で微量のアルコールを含むため、酸味が少ないまろやかな味わいの食べやすさが魅力です。小さな子どもからお年寄りまで、誰でも美味しく食べられますので、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。